女性のびまん性脱毛症に効果的な育毛剤って?

びまん性脱毛症は部分的に髪の毛がなくなるのでは無く、頭部全体的に髪の毛が薄くなる症状のことを言います。

男性の薄毛だと頭部の部分的な箇所、例えば生え際や頭頂部の髪の毛が完全になくなってしまうのですが、女性のびまん性脱毛症は全ての髪がなくなることはありません。

ただし、全体的に髪が細くなり地肌が透けて見えてしまうようになります。

びまん性脱毛症の主な原因

びまん性脱毛症の主な原因としてあげられるのは、女性ホルモンの減少が関係しており、ほとんどの女性は女性ホルモンの減少し始める更年期から発症します。

女性ホルモンの一つエストロゲンは女性の髪の毛と密接に関係しており、エストロゲンが髪の毛のバジル領域に作用し成長します。また他にも栄養不足や、頭皮環境の悪化で肌バリア機能が崩れたりということも関係してきます。

気をつけなければいけないのは更年期の女性だけで無く、今では若い女性の間でもびまん性脱毛症の症状が増えています。
更年期障害という病気をご存じだと思いますが、これも若い時に過剰なダイエットやストレスで発症するとされており、びまん性脱毛症もその一つとされています。若い時に発症するとびまん性脱毛症を若年性脱毛症と言います。

そしてもう一つ気をつけるのが女性性男性型脱毛症FAGAです。これは女性ホルモンが減ることで女性の中にある男性ホルモンとの優位さが失われ女性も男性のような脱毛症を発症してしまうことです。生え際や頭頂部の髪の毛がなくなる危険があるのでびまん性脱毛症を発症したらこうした症状にも注意しなければいけません。

びまん性脱毛症が発症する主な生活的原因

1 ストレス

ストレスは自律神経を乱してしまいます。自律神経は女性ホルモンの分泌や血行のバランスを調整する神経でそれが乱れるとびまん性脱毛症を発症しやすくなります。

2 加齢

年齢的に40歳を過ぎた頃から女性ホルモンは徐々に減っていきます。少なくなったエストロゲンは頭部以外の女性らしさを保つために生命維持に必要な箇所に優先的に回るため髪の毛に届くエストロゲンが減少してしまいます。

3 過剰なダイエット

過剰なダイエットもストレスを発生させさらに栄養不足に陥ります。髪に必要な栄養素が回らないことでびまん性脱毛症の原因となります。

4 生活習慣

びまん性脱毛症はある意味生活習慣病と同じような側面を持ちます。食事、睡眠、運動不足など普段の生活がよろしくないとびまん性脱毛症の原因となることがあります。

びまん性脱毛症を解消するには

びまん性脱毛症の主な原因は女性ホルモンのひとつエストロゲンの低下と血行不良、頭皮環境の悪化、髪の栄養不足が原因です。

これらの有効成分は食べ物からも摂ることができるのですが、頭部に届くまでにかなり成分濃度が薄まるためできれば女性用育毛剤などで直接頭部に吸収させたほうが改善は早いです。「特にエストロゲンの代用となるイソフラボンなどはエストロゲンの1000分の1程度しか作用しない」ためなおさら直接摂取が好ましいです。

女性用育毛剤で直接吸収させるという前提でまとめると

1 女性ホルモンエストロゲンの代用成分

2 血行促進成分

3 頭皮環境改善成分

4 栄養補給成分

これら4項目はびまん性脱毛症を改善するための必須成分となります。

びまん性脱毛症に関する悩み

びまん性脱毛症って治りますか?

40代に入り髪の毛が細くなってきました。巷に言われているびまん性脱毛症と非常に症状が似ており、一応婦人科でも診てもらいました。びまん性脱毛症とは言われませんでしたが、年齢的なものと言われました。たぶんびまん性脱毛症だと思うのですが、これって治るのでしょうか?

アドバイス

確実に治るとは言い切れません。なぜならばびまん性脱毛症でも原因の特定が非常に難しいからです。でも上記でも述べているようにびまん性脱毛症の代表的な原因は女性ホルモンの一つエストロゲンの低下、血行不良、頭皮環境の悪化、栄養不足が原因です。当サイトで紹介している女性用育毛剤にはそれらの必須栄養素、成分が含まれていますから、改善の可能性は高いです。

十代でびまん性脱毛症ってありますか?

私はまだ17歳です。でも髪が細くなり地肌が透けて見えとてもつらいです。私のように10代でもびまん性脱毛症にかかるのでしょうか?

アドバイス

びまん性脱毛症の可能性は高いですが、まだ歳が若いのでびまん性というよりは若年性脱毛症に近いような気がします。学校や私生活でストレスを感じていたりすると自律神経に影響しこのような症状を発症してしまうことがあります。また女性も男性ホルモンを有しており、思春期の時期は女性の中の男性ホルモンも活発になります。もしかしたらこれが原因になっていることも考えられます。放っておいてもいずれ治まると思うのですが、もし不安なら女性用育毛剤を検討してみても良いかもしれません。

ハーグ療法を受けようか悩んでいます。

数年くらい前からびまん性脱毛症に悩んでいる30代後半の女性です。かなり頭部が薄くて地肌がスケスケの状態です。外を歩くのも嫌になります。真剣に今効果が高いとされるハーグ療法を受けようと思っているのですが、費用が高くてすごく悩んでいます。

アドバイス

ハーグ療法は確かに90%以上の割合で薄毛を解消できるとされています。でもそのあとも育毛剤を使用しながらアフターケアは必要になります。そこで質問ですが、女性用の育毛剤を使ったことはありますか?もしないのならば一度試してみると良いです。もしかしたら女性用育毛剤と普段の生活を改善するだけでびまん性脱毛症が改善する可能性があります。ちなみにハーグ療法は全頭分になると思うので費用は百万円以上は覚悟した方が良いでしょう。

まとめ

びまん性脱毛症は気付くのが早ければ早いほど女性用育毛剤での改善の可能性が高まります。確かに最先端の毛髪再生医療、ハーグ療法やメソセラピー治療は発毛率、育毛率が高くて効果的ですが、それと同時に数十万円から数百万円という高額な費用がかかってしまいます。ですから自分の髪が細いな?痩せてきたな?頭皮に負担をかけているな?と思ったら早速女性用育毛剤を試してみたほうが費用も安く済みます。