女性の生え際に効果的な育毛剤の選び方

生え際の薄毛というと男性を思い出してしまいますが、最近では女性も生え際の薄毛で悩んでいる方が多くいます。

生え際の薄毛は何も中高年だけの方だけとは限りません。もし次のような悩みを抱えていたら早期の対策が必要です。

おでこが広くなった

おでこがどんどん広がっていく症状は女性にも多くいます。中には10代という若さで悩む人も増えています。

こめかみが薄くなってきた

こめかみから薄くなるのは、男性に多いいわゆるM字ハゲの症状に似ています。でも女性にもこのような症状が出る方が多くいます。しかし男性のように全く髪が無くなってしまうのではなく、細い髪の毛や産毛は存在します。ただ地肌が透けて見えてしまうことが問題です。

前髪の分け目が薄い

前髪の分け目が薄くなってしまうことが多くあります。同じ箇所から毎日分けることで、髪の生えている方向が強制され薄く見えることもありますが、そこから髪が弱り薄くなることもあります。

これらの症状は、女性ホルモンの減少や血行不良が主な原因です。女性ホルモンの一つであるエストロゲンは女性の髪の毛と深い関係にあり、このエストロゲンが減ってしまうことでびまん性脱毛症などを発症します。また女性ホルモンが減少することで女性の持つ男性ホルモンとの優位差がなくなり、女性も男性のようなM字やつむじ辺りの薄毛を発症します。この脱毛症を女性性男性型脱毛症(FAGA)と呼びます。

また、このような薄毛を発症すると頭皮の状態は血行不良になり、栄養不足の状態に。このダブルパンチが余計女性の生え際を薄くさせてしまいます。

生え際に悩む女性の質問

生え際が薄くなった。ついでに頭頂部も・・・・

最近生え際が薄くなったな~なんて思っていて鏡で頭頂部を見ると地肌が透けるほど薄くなっているのに気づきました。
ちょうど季節も秋なので、そのせいで薄くなっているのかな?とも思いましたがここまで薄いとチョット季節だけが原因ではないような気がしています。

アドバイス

生え際が薄くなり頭頂部に連鎖していくのは典型的なFAGAの症状に似ています。おそらく頭皮内の女性ホルモンエストロゲンが減ってしまっていることが原因かもしれません。エストロゲンはイソフラボンなどで補給できるので食事からも育毛剤からも積極的に摂取することをお勧めします。

私だけM字ハゲ・・・・

女性で生え際、いわゆるM字ハゲの方って他にもいますか?女性にも男性ホルモンがあることは知っていたのですが、まさかこの年齢で生え際が薄くなってしまうとは・・・・ちなみに30歳です。

アドバイス

女性の生え際が薄くなるのは男性ホルモンも原因の一つになりますが、もう一つ原因があります。それが牽引性脱毛症というものです。この脱毛症は常に髪の毛をお団子やポニーテールなど引っ張ることで生え際の髪の毛の毛根が弱ってしまい薄毛を発症してしまいます。
もし心当たりがあるのならば女性用の育毛剤でも十分に治療が可能です。

おでこが広く指5本入っても余るくらいです・・・・

高校3年生ですがおでこが広いのが悩みです。平気で指5本以上収まってしまいます。指が7本分くらいありそうです。最近抜け毛も多くとても憂鬱です。髪を伸ばしても途中で切れているのか全く伸びません。また髪の毛はネコ毛で細いです。何か対策はありませんか?

アドバイス

おそらく遺伝的に女性ホルモンの分泌や髪の毛の毛球が小さいのが原因かもしれません。とりあえず女性ホルモンであるエストロゲンの代用成分を頭皮に補給し、同時に育毛成分や栄養成分も含む育毛剤を使ってみると良いかもしれません。

ある毛髪専門クリニックによるとここ数年女性の薄毛の相談件数が2倍以上に増えているそうです。ある程度症状が進行してしまうと最先端に毛髪再生医療であるハーグ療法やメソセラピーなどの治療が必要になり、1回あたり数十万かかってしまいます。そうなる前の早期のうちに育毛剤を使うことで低コストで早期改善が望めます。

女性の生え際は男性よりも改善しやすい

女性の生え際が薄くなるのは女性ホルモンの減少、血行不良、栄養不足が原因です。
ですから育毛剤に求める成分も女性ホルモンの代用となる成分、血行促進作用のある成分、栄養素が豊富な育毛剤を選ぶ必要があります。

当サイトで紹介している育毛剤は全てが女性ホルモンの代用成分、血行促進成分(血管拡張成分)栄養分を豊富に含むものばかりです。またイソフラボンを1か月間、毎日摂取することで抜け毛が減ったという声も聞きます。ですから女性用育毛剤を早い段階で使うことで生え際の薄毛改善に期待できます。

早期育毛対策が女性の薄毛を改善します

生え際の薄毛は早期発見、早期対策で低コストで高い育毛効果を得られる可能性があります。しかし<症状が進み過ぎてしまうと育毛剤だけでは対処できず薄毛専門のクリニックに通うことになります。その場合、年間数十万から数百万の出費となるので頭皮や髪の状態に違和感を感じるならば、早めに育毛剤で対策していくことをお勧めします。